私たちは豊富な経験と優れた技術により食の安全保証に貢献しています。

病理検査

マウス、ラット、イヌ、ウサギ、ウズラ等を用いて行われた各種短期/長期毒性試験において、剖検、組織標本作製および組織学的検査を行い、化学物質の影響を細胞レベルで明らかにし、試験報告書のデータを作成します。preparation

病理検査により検出された組織学的変化は必要に応じ、特殊染色標本および免疫組織化学的染色標本を用い,より詳細に解析します (細胞内蓄積物の同定、細胞増殖活性の測定等)。組織の長さや面積を測定する場合は、画像解析装置を用いて形態計測を行います。また必要に応じ、透過型電子顕微鏡を用い、細胞内の変化をより詳しく観察します。これらの検査については、過去に作製した動物組織のブロック標本をお預かりし、実施することも可能です。ラットを用いる神経毒性試験では、全身灌流固定した動物の神経組織から神経系の観察に適したプラスチック包埋標本を含む組織標本を作製し、検査を行なっています。

 

受託試験・技術項目

  • 剖検
  • 標本作製 (組織検査用、電子顕微鏡検査用)
  • 組織学的検査
    (特殊染色標本および免疫組織化学的染色標本による解析、組織形態計測を含む)
  • 透過型電子顕微鏡による検査

主要機器

  • 組織標本作製装置類 (自動包埋装置、包埋センター、ミクロトーム、自動染色装置)
  • 写真撮影装置付き生物顕微鏡
  • ディスカッション生物顕微鏡
  • 電子顕微鏡標本作製装置類 (自動包埋装置、重合用恒温槽、臨界点乾燥装置)
  • 透過型電子顕微鏡
  • クリオスタット
  • 画像解析装置
PAGETOP
Copyright © The Institute of Environmental Toxicology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.