私たちは豊富な経験と優れた技術により食の安全保証に貢献しています。

受託試験

  • HOME »
  • 受託試験

農薬の登録申請に必要な各種試験を受託しています。創設以来40年以上にわたる経験に基づく信頼性の高いデータの提供を保証します。また、試験成績の解釈に必要な豊富なデータを備えております。
その他、一覧にない試験や非GLP試験についてもコンサルティングによりご案内いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

受託試験一覧

日本において、農薬登録申請時に提出が必要とされている試験成績のうち、毒性に関する試験には次のものがあります。現在、当研究所では、一部を除きこれらの試験を実施しています。

急性経口毒性試験繁殖毒性試験
急性経皮毒性試験催奇形性試験
急性吸入毒性試験変異原性に関する試験
皮膚刺激性試験生体機能への影響に関する試験
眼刺激性試験動物代謝に関する試験
皮膚感作性試験植物代謝に関する試験
急性神経毒性試験土壌中動態に関する試験
急性遅発性神経毒性試験水中動態に関する試験
90日間反復経口投与毒性試験水産動植物への影響に関する試験
21日間反復経皮投与毒性試験水産動植物以外の有用生物への影響に関する試験
90日間反復吸入毒性試験有効成分の性状、安定性、分解性等に関する試験
反復経口投与神経毒性試験環境中予測濃度算定に関する試験
28日間反復投与遅発性神経毒性試験作物残留試験
1年間反復経口投与毒性試験土壌残留試験
発がん性試験水質汚濁性試験

試験データの信頼性保証

安全性試験におけるデータや結果は、国際的に通用しうる高い普遍性と信頼性を求められます。GLP制度はそれを保証するものであり、このため、GLP試験では試験実施組織から独立した信頼性保証室が、試験の計画から実施、データ処理、報告書作成、試資料の保管までの各段階で、試験施設・設備や機器の稼動状況ならびに試験の実施に伴い得られるデータや資料の保管等、試験をめぐるすべての状況を厳密に調査し、試験が適切に実施されていること、試験方法及び成績が正確に報告書に反映されていることを保証します。

PAGETOP
Copyright © The Institute of Environmental Toxicology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.