私たちは豊富な経験と優れた技術により食の安全保証に貢献しています。

生殖・発生毒性試験

試験概要

生殖・発生毒性試験は、繁殖毒性試験と催奇形性試験を含めた動物試験の総称です。繁殖毒性試験では、農薬等の化学物質の暴露による次世代への影響を評価することを目的として、ラットの交尾、妊娠、分娩、哺育等の繁殖能力に関連する項目について検索します。催奇形性試験では、農薬等の化学物質を妊娠中の母動物(ラット・ウサギ)に投与し、出産直前に胎児を摘出して、外表、内臓および骨格における異常の有無を詳しく調べ、胎児に奇形を誘発するかどうかを調べます。

技術項目

  • 実体顕微鏡によるウサギ胎児骨格の奇形学的検査
  • 骨格標本
  • コンピューターによる精子検査
PAGETOP
Copyright © The Institute of Environmental Toxicology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.