私たちは豊富な経験と優れた技術により食の安全保証に貢献しています。

毒性試験飼料分析、原体純度分析

試験概要

農薬原体中の成分とその含有量を確認するため、農薬原体の組成分析を実施します。また、研究所で実施する各種毒性試験が適切に実施されたことを保証する一環として、試験に用いる農薬原体ロットの純度を分析するほか、毒性試験で被験動物に与えられた餌及び投与液媒体中での被験物質の保存安定性と分布の均一性を調査します。また、混餌試料や投与液中、吸入毒性試験における暴露気体中の被験物質を分析して、計画濃度が達成されていたかをモニターします。

受託試験・技術項目

  • 原体純度分析
  • 農薬原体の組成分析
  • 安定性分析
  • 均一性分析
  • 飼料中濃度分析
  • 血漿中濃度分析(トキシコカイネティクス)

主要機器・設備

  • カールフィッシャー水分計
  • ガスクロマトグラフ(GC-FID, FPD, NPD, ECD)
  • ガスクロマトグラフ-質量分析計(GC-MS)
  • 高速液体クロマトグラフ(HPLC-UV)
  • 液体クロマトグラフ-質量分 析計(LC-MS)

 

 

 

PAGETOP
Copyright © The Institute of Environmental Toxicology All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.